31歳からの自転車

~埼玉中心で走ります~

なお、現在は33歳です。

三宅島サイクリング ②大路池~雄山林道~帰港

続きです。





サタドー岬を出発して、三池港方面に進んでいきます。



このあたりは、一周道路で、島の中心にある雄山も最も近い場所なので、迫力があります。





崖の間を進んでいくような場所もありました。
周りの景色が目まぐるしく変わって、走っていて全く飽きません。





すると、今度は南国風な感じに…
左手側に、三宅島空港が見えてきました。
調布飛行場から、この三宅島空港へ行くことができます。





しばらく走っていると、「為朝の打ち抜き岩」という案内板があったので、寄ってみましたが、結局どこにあるのかよくわかりませんでした…





島の南部まで走ると、大路池への入り口が見えてきました。
林道のような道を進んでいきます。





途中から未舗装路となり、隣に遊歩道の階段があったので、そこで自転車を降りて階段を進んでいきます。
蔓が垂れていたり、木が倒れていたりしていました。





そして、大路池に到着しました。
広角レンズで撮りたい景色でしたが、持っていないので、三宅島観光協会の360度画像をリンクします。







大路池は約2500年前にできた火口湖らしいです。
誰もいなくて物静かな癒しスポットでした。





おたまじゃくしがたくさん泳いでいました。
(写真には写っていませんが…)





自転車に乗り、また一周道路へ戻ります。
アカコッコ館の横を抜けて、錆が浜方面に向かいます。





この日のメインディッシュ(?)の雄山林道入り口に着きました。
ここから、七島展望台まで登っていきます。
七島展望台は標高495mで、ここから4.6km走ったところにあるそうです。


最初が勾配きついと、どこかで見たので、最初からギアをインナーローに落として登っていきます…
勾配は10%ぐらいから始まり、15%ぐらいまで上がっていきました。
しかし、どこまで登っても勾配が緩くなることはありません…
どうやら、最初きついのではなく、最初からきついようです…





途中で一旦、ほぼ平坦になり、少し下りもあったりして、もうゴールが近いのかと思ったら、また10%以上の登りが始まりました…
もう心が折れそうでした…
心拍数はずっと180前後です…





あと、登っている間かなり虫に付き纏われました。
汗まみれでゆっくり登っているから、虫としても近づきやすいのでしょうね(笑)
写真の右上の影が虫です…


雄山環状線林道と合流するところに休憩所があり、平坦となりますが、あと少しなので休まず登っていきます。





ゴールまであと少しです…





そして、ついに七島展望台に到着しました!
写真では余裕そうに見えますが、実際は息も絶え絶えでした(笑)
なんとか足はつかずに登りきれたので、満足しています。
一人だったらたぶん途中で諦めていました…
ちなみに、この七島展望台までの平均勾配は9.2%だそうです。
途中の平坦や下りを入れてこれなので、やはりきつかった…





登り切ったぞー!
自転車を上まで持ち上げる力は残っていません(笑)





七島展望台からは、360度絶景を見渡すことができます。
残念ながら曇っていたため、あまり遠くまで見えませんでしたが…





雄大な景色を撮っている仮眠好きさんを盗撮しておきます…
やっぱり広角レンズ欲しい…





せっかくなので、ジャンプしてもらいました(笑)




七島展望台からの360度カメラの画像も三宅島観光協会にあったので、リンクします。






景色を満喫したので、来た道を下っていきます。



勾配きつい分、下りではしっかりブレーキかけないとかなりの速度が出ます…





仮眠好きさんも下りてきました。


この時点で、時刻は11時ぐらいでした。
11時になると、帰りに船がどの港に入ってくるか決まるので、錆ヶ浜港船客待合所まで戻って、港を確認しに行くことにします。
すると、この日の入港は錆ヶ浜ということでした。
ということで、ちょうど三宅島を一周してゴールということになりました。
入港予定時刻は13:35ということなので、ゆっくりお昼を食べて、お土産を買って、自転車を輪行袋にしまって船を待つことができそうです。


三宅島観光協会で、近くでお昼食べられるところないか聞いてみると、ホテル海楽さんにあるレストランで定食が食べられるということだったので、そちらでお昼にすることにしました。





明日葉の天ぷらです。
塩で味付けされていて、苦みとかも全くなく、美味しかったです。





こちらは、かつお刺身定食です。
コリコリの食感でこちらも美味しかったです。


食後は、近くのお土産屋さんやスーパーに行きました。
牛乳せんべいを買って、家族へのお土産にしました。
仮眠好きさんは、お土産の他に、スーパーでお酒とつまみを買って…帰りの船で一杯やる気満々です(笑)


その後、自転車を輪行袋に詰めて、待合所で船を待ちます。
雄山林道で疲れ果てた状態でお昼を食べてお腹もいっぱいになったので、待合所のベンチでウトウトしていました。





そして、帰りの船が入港してきました。
列に並んで乗船していきます。





さようなら三宅島…
また来たいと思える素晴らしいところでした!





そして、出航早々にデッキへ出て、晩酌(まだ晩じゃないですが)となりました(笑)
三宅島焼酎「雄山一」で乾杯します!
苦労して登った山の名前の焼酎は一味違います!
船のデッキで海風を感じながら、優雅に一杯…と言いたいところですが、思いのほか風が強くて優雅とはいかなかったです(笑)
飲みながら、次に行く場所の計画などを立てたりしました。





海を見て物思いにふける埼玉県民…
翌日からまた仕事だと思い、現実に引き戻されます…


風が強いので船内に戻り、自販機でハーゲンダッツのアイスを買って食べたりしました。
仮眠好きさんは自販機でカップヌードル買って食べていました。


その後は部屋に戻り、しばらく眠りました。
日曜日の帰る便だけあって、行きとは違って部屋も満員でした。
そしてやっぱり、毛布を借り損ねたので床が硬くて眠りにくかったです。





18時ぐらいに目が覚めると、ちょうど東京湾に入ったところでした。
竹芝桟橋の到着予定時間は19:50なので、それまで部屋でテレビでも見ながら過ごします。


そして、無事竹芝桟橋に到着して下船しました。
浜松町駅まで歩いて、電車で輪行して、22時頃に帰宅となりました。




【走行記録】



距離にすると50kmにも満たないですが、とても充実したサイクリングとなりました。
今回は朝5時に上陸して、14時前に出発するという滞在時間7時間にも満たない三宅島でしたが、自転車で観光しながら走るにはちょうど良いぐらいでした。
でも、やっぱり翌日休みだったら、一泊したかったかなと思います。




【Strava】




【Relive】



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。