31歳からの自転車

~埼玉中心で走ります~

なお、現在は37歳です。

群馬県南東部サイクリング ~館林のつつじ、ブラジルタウン大泉町~

昨日は、群馬県の南東部をサイクリングしてきました。
鶴舞う形の群馬県」の鶴の頭の部分です。





朝8時に家を出発しました。
良い天気です。




東武アーバンパークラインのアンダーパスを越えたあたりです


野田橋から江戸川サイクリングロードに入り、ひたすら北上していきます。





それにしても、菜の花が迫り出してきて狭いです^^;
対向車が来ないことを祈りながら走っていきます。





情報・防災ステーションごかまでやってきました。
ずっと閉まっていましたが、この日は開いていました。





利根川サイクリングロードを走っていきます。
堤防工事していた箇所はかなり広くなり、走りやすくなっていました。





と思ったら、東北新幹線から先の区間はまだ工事中でした…
迂回して走っていきます。





利根川サイクリングロードから渡良瀬川サイクリングロードに入っていきます。





渡良瀬遊水地までやってきました。
中央エントランス側には久しぶりに来ました。





渡良瀬遊水地は特に走るつもりはありませんでしたが、風も穏やかで気持ちよかったので谷中湖コースを1周だけ走ってきました。





ちょっとお腹が空いたので、道の駅かぞわたらせで炭酸まんじゅうを買って食べました。





道の駅を出発して、群馬県板倉町を走っていきます。





渡良瀬遊水地から離れて、西へ西へと進んでいきます。
道幅広くて走りやすいです。





しばらく走ると、雷電神社の案内があったので立ち寄ってみました。
名前に惹かれました…
598年に聖徳太子によって創建された、歴史のある神社です。





雷童子像です。





本社の社殿には立派な彫物があります。





1835年に彫られたもののようです。
ふと立ち寄ってみましたが、良いものが見られました。





雷電神社からさらに西へ進み、城沼にやってきました。
周囲に「朝陽の小径」という歩行者・自転車専用道路が整備されています。





館林市サイクリングターミナルという施設がありましたが、だいぶ前に閉館してしまったようでした。
すぐ近くに猫の家のようなものがあり、外でスヤスヤと眠っている猫ちゃんがいました。





また沼の周りを走っていきます。





城沼の側にあるつつじが岡公園では、ちょうどこの日からつつじまつりが行われていました。





ヤマツツジは既に見頃を迎えていました。





つつじの木の根本でも気持ち良さそうに眠っている猫ちゃんがいました。





うちのDomaneも顔負けの赤さです(笑)





白いハナミズキの花とのバランスも良い感じでした。





館林市出身の宇宙飛行士、向井千秋さんが宇宙へ持っていった種子を発芽させた「宇宙つつじ」のコーナーもありました。





つつじが岡公園にある、つつじ映像学習館へ向かいます。





館林市は、アニメ「宇宙よりも遠い場所」の舞台になっていて、ここによりもいコーナーがあります。





巡礼ノートもありました。
埼玉から来ましたと書いておきました!





つつじヶ丘公園を出発して、西へ走っていきます。





邑楽町のシンボルタワー「未来MiRAi」です。
周囲に高い建物があまりないので目立ちます。





さらに西へ走っていき、大泉町にやってきました。
人口の約10%が日系ブラジル人というブラジルタウンです。





何気に行ってみたかったのが、この止まれ看板が並ぶ道路です(笑)
南向きに14枚、北向きに13枚の止まれ看板が並んでいます。





反対側から見てもズラっと止まれが並んでいます。
たくさんの止まれを見られて満足したところで、お腹が空いたのでお昼を食べに行きます。





Big Beefというお店にやってきました。
日本語も通じますが、店内に入るとほとんど日本語が聞こえてきません(笑)





チーズツードとガラナ、ポテトのセットを注文しました。
バーガー類の他にも煮込み料理とか丼物もありました。





お昼を食べ終わったら、近くのスーパーメルカドタカラに行ってきました。
行く途中でブルベ装備の人達と遭遇しました。
ブルベコースになっていたみたいです。





店内にはブラジルの食べ物等が色々と並んでいました。
日本語の記載もあるので、カルディとか業務スーパーみたいなイメージです。
適当にお菓子を買いました。





こちらは、最寄りの西小泉駅です。
れっきとした日本の東武鉄道の駅ですが…





ブラジルをイメージした駅舎になっています。
ここから輪行で帰っても良いのですが、電車が来るまでまだ時間がありそうだったので、自走で帰ることにしました。





行田と書かれている方に向かって走っていきます。





利根川サイクリングロードにやってきました。
このまま利根大堰まで走っていきます。





利根大堰を渡って埼玉県に戻ります。
ここは道幅も狭く、歩道も人一人分ぐらいの幅しかないのであまり走りたくない場所です。





利根大堰からそのまま、のヘルシーロードを走っていきます。
ずっと向かい風だったので、やっぱり輪行で帰れば良かったと後悔しました…





のヘルシーロードのふれあいロードの交点までやってきました。





のふれあいロードを走っていきます。





その後は一般道を走って、無事に松伏町まで戻ってきました。




【走行記録】



この距離走ると、カメラとレンズが重たくて肩が痛くなります。




【Strava】


×

非ログインユーザーとして返信する